ホーム > ぷれ宮夢みやぎ厳選食材ラインナップ > 赤貝
赤貝

全国的にも評価の高い宮城の赤貝。味や香りが良いことから築地では高値が付くこともよくあります。ブランド化の進んだ閖上(ゆりあげ)の赤貝と新たなブランドとして注目される渡波(わたのは)の赤貝。2つの産地から希少性の高い赤貝を紹介します。

ミシュラン獲得料理人も認める

宮城県名取市閖上は赤貝の水揚げ量が全国第1位を獲得した有名産地の1つです。
仙台湾は北上川、鳴瀬川、名取川、広瀬川、阿武隈川と、5本の川が流れ込む環境に恵まれ、栄養豊富な水と底質が赤貝の成長を促します。
貝特有の磯の香りと、歯ごたえの良さが特徴です。
ミシュランの星を獲得した有名店の主人が閖上の赤貝を絶賛したことも話題になるなど、赤貝と言えば閖上産というブランドが浸透してきています。

新たなブランドとして

宮城県の赤貝の産地としては石巻市渡波も有名です。石巻湾で獲れる赤貝は三陸の豊富な栄養を含んだ海域で、大ぶりのものが多いのが特徴です。
身の赤身も強く見栄えのするものが多いため、近年では閖上と並んで東京等への出荷が増えています。
出荷の際には貝がぶつかって傷ついたり、欠けたりしないように大ぶりの貝には一個一個に保護ネットを付けるなど渡波ブランドの浸透に努めています。

みやぎのココがプレミアム

  • 栄養豊富な漁場が育む高品質な味と香り
  • 築地をはじめ、幅広く価値を認められる食材

生産者の紹介

相沢 武美さん

相沢 武美さん

未来へつなぐ安定した供給とブランド

JFみやぎ仙南支部(閖上)支所長代理
相沢 武美さん

赤貝のブランド産地閖上で品質を維持しながら、漁を長く続けていけるように将来を見据えた継続と発展を行っています。

雁部 宏充さん

雁部 宏充さん

渡波漁船漁業協同組合 代表理事組合長
雁部 宏充さん

近年知名度を上げている渡波の赤貝。販売ルートの開拓や安定した供給と丁寧な商品でブランド化を図っています。

宮城の赤貝

外国産が主流の赤貝の中で国内産の産地として名前が上がるのが宮城県です。閖上を中心に高品質な赤貝は、寿司店をはじめ様々な料理人に愛されています。
しかし、ブランドとして名が通ってもそれに頼ってばかりではありません。「大学の研究施設と合同で閖上の赤貝について調べ、旨味成分や栄養分が他県のものに比べ高いことが分かりました。」と相沢さんは紹介してくれました。きちんとしたデータから閖上ブランドの更なる向上を目指しています。
また、子持ちの時期の禁漁や、1日の漁に制限を設けることで、「この地域の赤貝漁を長く続けていけるようにしなくてはいけない」とも語ってくれました。

渡波漁船漁業協同組合の雁部さんも「供給の面でも、人材の面でも安定した漁ができるようにしなくてはいけない。」と言います。震災後支援を受けながら再スタートした渡波の赤貝は認知度がようやく広まってきたとのことでした。渡波赤貝のロゴマークを設けてブランドの印象付けや保護ネットを付けての発送や、チラシ・ポスターによるPRなど「未来へつなぐ」ための足がかりを作っています。

■ お問い合わせ
JFみやぎ仙南支部所(閖上)
〒981-1213 宮城県名取市閖上4丁目6
TEL:0223-35-2111

渡波漁船漁業協同組合
〒986-0022 宮城県石巻市魚町二丁目14番地
TEL:0225-94-9338

ぷれ宮夢みやぎ 厳選食材ラインナップ

PAGE TOP