ホーム > ぷれ宮夢みやぎ厳選食材ラインナップ > 三陸塩竃ひがしもの
三陸塩竃ひがしもの

世界三大漁場のひとつ、三陸沖漁場を抱える塩竃港は、特に日本有数のマグロの水揚げ港として知られています。その塩竃市の魚市場ではたくさんの種類のマグロが取引されますが、中でも秋口から冬にかけて三陸東沖から延縄漁で上がるメバチマグロは、鮮度や色艶、脂のり、旨みに優れて特に高値が付き、プロの間で“東もの”として名が通ってきました。これが「三陸塩竃ひがしもの」の所以です。

厳しい基準をクリアするだけでなくプロの“目利き”で決まる

「三陸塩竃ひがしもの」を味わえるのは概ね9月から12月の季節限定。この時期、三陸東沖は餌となる秋刀魚やいわしが豊富に集まることから、漁獲されるメバチマグロも良質な脂をたっぷりと蓄え、魚体は丸みを帯びて厚く、旨みが一層強くなります。

塩竃港に水揚げされる旬を迎えたメバチマグロのうち、全部が「ひがしもの」と呼ばれるわけではありません。要件を満たし、さらに魚体の基準をクリアし、そして、何よりも厳しい視点で品定めをするプロの仲買人が認めたものだけが、その“称号”を与えられます。その割合はメバチマグロ100本のうち、なんとたったの1本程度。目利き人たちがいかにプライドをかけてひがしものを厳選しているかが伺えます。

特筆すべきは赤みの美しさ、身のやわらかさ、そして甘さ

一般に、マグロといえば本マグロ(黒マグロ)が有名ですが、ひがしものはそれと比べ目に鮮やかな赤色が特徴。見栄えが重要となる高級料理食材として料理人や寿司職人からの高い支持を得ています。また、ねっとりと舌に絡む柔らかい食感、赤みであっても口に広がる強い甘さ、本マグロよりも鉄分による生臭さが少なく食べやすいことなどが、良質な旨みとして受け止められています。

徹底したブランド管理安心と一緒に全国へ

生で供されるひがしもの。本当のメバチマグロの美味しさを広めるため、その品質やブランドの管理は厳正に行われています。関係者だれもが適正に商品を判断できる基準を設け、販売をシーズンごとに認定した業者のみに限定し不正を監視するなど、消費者に安心して送り届けるための仕組みを作り徹底にしています。

平成15年よりブランド食材として知名度向上に取り組んで以来、現在では地元はもちろん、関東や関西方面へもその名が広がり、一般・プロ問わず全国区でリピーターが増加中。産地間競争の激しい水産分野で、港町塩竃を活気付ける食材として注目されています。

みやぎのココがプレミアム

  • 基準を満たすだけでなく、プロの目利きにかなったメバチマグロだけ
  • メバチマグロ100本のうち1本程度の希少な品質
  • 目にも鮮やかな赤、柔らかな食感、口に広がる強い甘さ

生産者の紹介

「想い」がブランドの後ろだて

塩竃市魚市場買受人協同組合 常務理事
三陸塩竃ひがしもの ブランド委員長
岸柳 乃布夫さん

塩竃市魚市場買受人協同組合 常務理事
阿部 成寿さん

マグロの水揚げ港としての威信をかけて取り組んだ「三陸塩竃ひがしもの」のブランド化。地元での認知度向上を受け、全国への発信強化に取り組む。その根底には、地元塩釜の仲買人たちの水産業全体への想いがあるとのこと。

「本マグロよりもうまい」とひがしものに太鼓判を押す岸柳さん

魚文化を繋ぐのも「ひがしもの」の役割

「魚屋が街から姿を消し、スーパーで加工された切り身をパックで買うのが一般的になった。魚がどのようなもので、どのようにして自分たちに届くのか、家庭の主婦や子供たちが驚くほど知らない」ブランド委員長の岸柳さんが話す。

かつてのように魚のさばき方を魚屋が教えることもなく、鮮度や見分け方についても知る機会が少なくなったと懸念する。「消費者が興味をもって知ることで、子どもたちの世代でも食文化が受け継がれる。“ひがしもの”のように、おいしくて良い食材を通して、魚への関心を繋いでいくべき」

美味しさと共に、安心と信頼を確立

目利きで厳選する商品。阿部さん曰くブランド維持が消費者への責任

ブランド価値の維持にとって、安心安全な食材提供が不可欠というのは専務理事の阿部さん。「値が張る食品は常に偽装のリスクが伴う、品質と価値保全のコントロールが一番の課題であり、消費者への使命です」メバチマグロは本マグロと比べデリケートで傷つきやすく、捕獲から流通までとにかく鮮度保持を第一に考えて気を使う。生で提供する以上、どこでどのように売られるか把握する努力が重要とのこと。

ブランド化の挑戦は、基礎が出来上がったばかりでまだまだこれから。「本マグロに負けないメバチマグロの美味しさをもっと幅広く知ってもらいたい。消費者へ関わるプロの意識も変えていく(岸柳さん)」マグロといえば、“塩竃のひがしもの”と呼ばれる日を目指し、取り組みはさらに続いてゆく。

■お問い合わせ
塩竃市魚市場買受人協同組合
〒985-0001 宮城県塩釜市新浜町1-13-1 塩釜魚市場内
TEL:022-362-2284 FAX:022-362-5024
ホームページ:http://www.shiogama.or.jp

ぷれ宮夢みやぎ 厳選食材ラインナップ

PAGE TOP