ホーム > ぷれ宮夢みやぎ厳選食材ラインナップ > わかめ
わかめ

切れこみが深く、肉厚で弾力があり、歯ざわりが良いのが特徴の「三陸わかめ」。非常に栄養価が高く、風味豊かな三陸わかめは、わかめの王様と呼ばれております。

好条件の地形が育てる

三陸沿岸は、リアス式の海岸が深く切り立っていて潮の流れが良いのが特徴です。
また、この地域は親潮と黒潮が交わる海の栄養と沿岸の森林からの森の栄養が流れ込む豊饒な海です。
これらの好条件がそろいわかめの王様と呼ばれる良質なわかめが育ちます。

味・質共に最高のわかめ

わかめは低カロリー食品でありながら、その栄養分も充実しています。アルギン酸等の食物繊維、ビタミンやミネラル(カルシウム、マグネシウム、リン、鉄)がバランスよく含まれています。余分なコレステロールを体外に出したり、血圧上昇を抑えたりするなどの効果があるという報告もされているそうです。

みやぎのココがプレミアム

  • 宮城、岩手の「三陸わかめ」で生産量シェア55%を占める王様ブランド
  • 地形が育てた肉厚で弾力があり、歯ざわりが良いわかめ
  • 味だけでなく、低カロリーで充実の栄養

生産者の紹介

漁師(南三陸町戸倉)
佐藤 正浩さん

きびしくも充実の環境で育つわかめ

漁師(南三陸町戸倉)
佐藤 正浩さん

漁師暦26年の佐藤さん。今日も愛船「第三恵比寿丸」にて三陸海岸の荒波にもまれるわかめのもとへ。

手間をかけ育てた自分のワカメが一番

「寒冷な荒海で手間をかけ育てた自分のワカメが一番ですね」佐藤さんは語る。日本のほとんどの沿岸にわかめが生息し、収穫ができる。しかし、三陸わかめの味わい、歯ごたえはここでしか味わえないとのこと。「黒潮と親潮がぶつかりあう栄養豊富な荒海でしかこの食感と味は作れないよ」手塩にかけて育てたわかめはやはり一番だと自負しているそうだ。

わかめから復興を

「昨年の震災により多くの養殖施設が流失してしまいました」漁家が短期間で収穫を得ることができるのがわかめ養殖とのこと。様々な品質のわかめが生産され、特色をもった製品の対応に使用される予定だ。「製品や種類の特徴に応じて、さまざまな販売方法を検討していきたい」と説明を下さった。

ぷれ宮夢みやぎ 厳選食材ラインナップ

PAGE TOP